information
☆TKが中国映画「Baober In Love」音楽作曲と音楽Producerを担当!
 KEIKOが中国女優のZhou Xunさんと映画「Baober In Love」の主題歌をデュエットで歌います。この映画監督
のLi Shao−hong
さんが日本の音楽会のProducerの最高峰である小室哲哉氏を映画「Baober In Love」の音楽Producerとして招
待しました。
音楽ProducerとしてTKの一曲一曲は日本円で約365万円ほどで、小室氏は、全BGMとその映画の主題歌を担
当。
映画ProducerのLi Xiao−wanさんにその映画の音楽に掛かるコストの事を質問していたときにLi Xiao−wanさ
んは「確かにこの音楽にかかるコストはとっても高いと思いますが小室氏はこの映画を見て気に入ってくれまして、
値段を少しでもをディスカウントしてくれるようです。」
 この映画「Baober In Love」は特別な映画で映画監督のLi Shao−hongさんは今ハヤリ系のトランスを音楽とし
て選択。 そこで、Li Shao−hongさんは小室さんに映画音楽Producerとなってもらうために日本に早くに飛びま
した。
 映画「Baober In Love」は、未来的な映画でカメラが主人公 Zhou Xun(Baober)さんの心の中に入り特撮効果の
5分の1がBabyさんのファンタジーを表現するとのこと。
TKは前にLiさんの映画である「Rouge」を見たことがあり、今回の映画「Baober In Love」もとっても気に入ってくれ
たので映画音楽を担当してくださいます。奥様であるKEIKOさんも映画の主題歌を歌ってくれます。主題歌の「Ba
by In Love」は日本語、英語、フランス語、そして中国語という様々な言語で姿を見せます。TKは今、映画
「Baober In Love」の映画音楽を担当中。
☆日中国交正常化30周年記念
ドラマ 世紀末の晩鐘 
監督:黄健中 音楽:小室哲哉
主な出演者 焦晃(ジャオ・ファン)・黄奕(ファン・イー)・峰岸 徹・真里 アンヌ 他
撮影期間 平成14年12月13日〜22日
主な撮影場所 ・石泉閣・スーパーヒラマツ紀三井寺店・和歌山駅前広場 他
放送予定日 未定
制 作 日本側 吉本興業株式会社
中国側 海潤影視制作会社 他
ストーリー
日中戦争の歴史を絡ませ、1990年代の日本・中国を舞台に、なぞの埋蔵金をめぐるチャイナマフィア、日本の暴力
団、アメリカのCIA、政治家、警察の間で繰り広げられる、歴史・親子愛・兄弟愛・恋愛、そして裏切りや悲しみにサ
スペンスを交えた国境を越えて展開する壮大なストーリー。
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース